日頃から厨房機器の買取を見越したお手入れをしよう

近い未来、お店を移転したり畳むかもしれない、冷蔵庫やコンロなどの厨房機器を売ることになるかもしれないという飲食業の方はいらっしゃいますか。もし厨房機器の買取を望んでいるのなら、少しでも高く売るために日頃からのお手入れに気を遣いましょう。
例えば調理台や食器棚などの扉は、しっかり閉まりますか。
もし閉まらない、部品が無くなってしまってガタガタだ、あるいは扉そのものが壊れてしまって扉の無い状態で使用している場合は、業者さんにお買取をしてもらえません。


引き取ってもらうことはできるのですが、残念ながら引き取り料がかかってしまいます。

コンプレッサーの買取情報をご紹介いたします。

なので、部品や扉が壊れたり紛失したら、メーカーに修理してもらったり、パーツ交換してもらったりして、購入時の状態を保つようにしましょう。



毎日使用しているコンロや冷蔵庫は、たまには休ませて掃除をしてあげて下さい。
汚れは時間が経てば経つほど落ちにくくなりますし、カビや腐食も厨房機器の内部まで進行してしまうと取り返しがつかなくなります。
月に1回でもいいので、洗剤やクリーナーで綺麗にしてあげましょう。



その時大切なのが、機器の底面や脚の部分まで掃除することです。


厨房機器の底面は、基本的に代えがきかない部分なのです。

食品や油汚れが機器の底面の奥まで入り込めば、錆の原因となり、最悪、腐食してしまうこともあります。
床を掃除をする際は、機器の底までモップを入れて溜まったゴミを掃き出したり、できるなら機器そのものを動かしてその場所を念入りに磨きましょう。
厨房機器の買取を見越したお手入れは、高価での買取が可能になるだけでなく、機器の寿命も長くしてくれますので、ぜひ注意して取り組んでみてください。